首都圏等消費者交流事業オンラインツアー

福島の海の幸(冬)コース

スケジュール

時間 進行内容
14:00~ 受付
14:30~ オンラインツアー開始
「~あの日から10年~ふくしまの今2021」【動画】
約10分 主催者挨拶【LIVE】
約10分 送付県産品 紹介【LIVE】
約10分 安全な農林水産物を提供する福島県【動画】
※福島の農林水産物の検査体制、福島県の「GAP」や「HACCP」への取り組みについてご紹介。
約10分 トリチウムと食に関するご案内
※トリチウムと食に関する説明を致します。
約10分 福島の海産物の紹介【画像】
※「常磐もの」の海の幸を紹介します。
「カツオ」「サンマ」「ヤナギガレイ」「メヒカリ」「アンコウ」「ヒラメ」「ナメタガレイ」など
約25分 いわき・ら・ら・ミュウ〔いわき市観光物産センター〕(いわき市)【LIVE】
※いわき市観光物産センター職員及びまるふと直売店 原田和人様
福島県いわき地区の水産業の現状についてご紹介頂きます。
約10分 休憩 ◆休憩中、「福島の四季」【動画】をご覧頂きます。
約20分 福島県水産海洋研究センター(いわき市)【LIVE】
※福島県水産研究の中核機関より水産業の現状についてご紹介頂きます。
約15分 福島県観光紹介(いわき市)【LIVE】
※「一般社団法人 いわき観光まちづくりビューロー」より
(スパリゾートハワイアンズ、アクアマリンふくしま、いわき市石炭化石館など)
約20分 ホテルラフィーヌ(南相馬市)【LIVE】
※日本料理コンペティション決勝大会優勝の経歴を持つ「渡部光壮様」にご出演頂き「常磐もの海産物」の調理方法をご紹介頂きます。
約5分 チャット紹介コーナー、参加者交流
17:00 終了予定

※所要時間は目安となります。
進行状況により、適宜変更をさせていただく場合がございます。

ツアー概要

ツアー施設紹介

いわき・ら・ら・ミュウ
〔いわき市観光物産センター〕
(いわき市小名浜)
相馬市いわき市小名浜

いわき・ら・ら・ミュウ〔いわき市観光物産センター〕(いわき市小名浜)

福島県いわき市小名浜港にある「いわき・ら・ら・ミュウ」は、「いわきをぎゅ~っと」をキャッチフレーズに、いわきのいいものを取り揃えた観光物産センター。新鮮な魚介類を販売する鮮魚店、おいしいグルメが楽しめるお食事処や海鮮バーベキュー店、いわきの物産を扱う土産店など魅力あふれるお店がいっぱい。その他、小名浜港観光遊覧船やいわきの文化・歴史が学べるミュージアムなどいわきを存分に満喫頂けます。ご家族やご友人みなさんで楽しい一時をお過ごしください。

福島県水産海洋研究センター
(いわき市小名浜)
郡山市いわき市小名浜

福島県水産海洋研究センター(いわき市小名浜)

福島県水産海洋研究センターは地域の水産資源の管理に関する研究や水産物の付加価値向上のための加工処理技術の開発に加え、福島県産水産物の安全性の確保や風評払拭のための試験研究、情報発信といった機能を有しています。東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故により被害を受けた福島県漁業の復興と再生を調査研究や技術開発、情報発信の面から支援することを目的とした県の施設です。
今回は、福島県における漁業の現状や、原子力発電所事故による水産物への放射性物質の影響と、その回復状況などについてお伝えします。

福島県観光紹介

一般社団法人いわき観光
まちづくりビューロー
(いわき市)
南相馬市いわき市

アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま

いわき市は福島県の東南端、茨城県と境を接する広大な面積を持つまちで、東は太平洋に面しているため、寒暖の差が比較的少なく、温暖な気候に恵まれた地域です。
JR常磐線で東京から約2時間30分、お車で常磐自動車道三郷JCTから約2時間と交通のアクセスも良く湯本温泉郷、豊富な温泉を利用した6つのテーマパークを備え、フラダンスショーや大露天風呂でくつろぐことが出来るスパリゾートハワイアンズ、福島の海の大きな特徴である黒潮と親潮が出会う潮目がテーマの環境水族館アクアマリンふくしま、常磐炭田の歴史と市産出のフタバスズキリュウに加え、世界の貴重な化石を展示するいわき市石炭化石館など数多くの見所があります。
また、メヒカリやあんこう鍋など今が旬のいわきの食もお楽しみ頂けます。

ツアー出演者紹介

渡部光壮(わたなべみつたけ)様
ホテルラフィーヌ 日本料理花月 料理長(南相馬市)

渡辺光壮(わたなべみつたけ)様 ホテルラフィーヌ 日本料理花月 料理長(南相馬市)

福島県南相馬市小高区出身。京料理たん熊北店にて9年間務める。
その後、学校法人大和学園京都調理師専門学校にて日本料理講師として4年間勤める。
在職中の2014年2月、フランス外務省サロンにてフランス外務大臣主催の日本料理晩餐会に参加。2015年7月、イタリアミラノ万博ジャパンデーレセプションに参加。2016年2月第5回日本料理コンペティション決勝大会にて優勝。
2016年4月南相馬市のブライダル&ホテルラフィーヌ日本料理花月料理長となる。
福島県内の福島中央テレビにて料理番組にも出演中。

県産品のご紹介

いわき 冬の常磐もの特選セット

いわき 冬の常磐もの特選セット

《あんこう鍋セット》

コラーゲンたっぷりのあんこうの身と肝がたっぷり入った調味味噌がそれぞれ真空パックになっています。〆にご飯やうどんを入れてお召し上がりいただくと、あんこうの出汁を最後まで味わえます。

《ヤナギガレイ》

いわき市民が贈り物にすることも多い常磐ものを代表する高級魚のひとつです。冬から春にかけて漁獲され、白身であっさりとしながらも、ヤナギガレイでしか味わえない美味しさがあります。

《目光》

寒い時期、脂がのっておいしい目光は、いわき市の魚にも制定されています。海底に生息し、10~15㎝程小さな魚ですが、身はふっくら、骨も皮も柔らかく脂はのっていますが、さっぱりとした味わいが絶品です。

《穴子》

黒潮と親潮がぶつかる栄養豊富な漁場で育った穴子は、濃厚な味わいが特徴で、高タンパク、低カロリーな食べ物として近年ダイエット食として注目されています。揚げたての穴子は脂がのり、とてもジューシーです。

《金頭》

白身で寒い時期には脂がのっていて、旨味と歯ごたえもあり癖がなく、とてもおいしい魚です。小ぶりの魚で、とてもいい出汁が出るので丸ごと煮付けにすると余すことなく食べられます。

※画像はイメージです。

オンラインツアー共通県産品

日本酒コースとノンアルコースの
いずれかをお選びいただけます。

日本酒コース

鈴木酒造店 「磐城壽」
純米中吟醸 720ml(浪江町)

酒蔵が堤防を挟んで海という珍しい立地でしたが東日本大震災で全建屋が流失。途方に暮れる中たまたま研究施設に預けていた「一握りの酒母」が現存。同年10月に山形県長井で蔵を譲り受け再開。
2015年来日したウイリアム王子に当時の安部首相が「福島を代表するお酒」と紹介・堪能されました。2021年3月20日念願の浪江町の道の駅に併設される場所に酒蔵が完成。
福島県産「夢の香」100%の純米吟醸。ほのかに香る吟香は爽やか。

金水晶酒造 金水晶 純米吟醸酒
山形県長井蔵山形県長井蔵
道の駅なみえ道の駅なみえ

ノンアルコールコース

大野農園 りんごジュース
200ml 5本セット

2016年G7伊勢志摩サミットおもてなし贈呈品として選定された無添加100%のりんごジュースです。
素材の良さを生かしたやさしい美味しさは酸味と甘みのバランスに優れたりんごジュースです。

大野農園 りんごジュース
いかにんじん

福島名物 いかにんじん

人参とするめいかを程よい甘さの醤油で味付けした昔ながらの常備食。ご飯のおかず、酒のおつまみどのシーンにも登場する、福島の味です。

福島 桃の恵み 桃ジュース

福島 桃の恵み
果汁100%桃ジュース

桃の旨味をそのまま閉じ込めた果汁100%ジュース。発売以来、不動の人気です。

桑折町 至福の桃グミ

桑折町 至福の桃グミ

UHA味覚糖株式会社と桑折町との共同開発商品。
桑折町産の桃「あかつき」のとてもあまく、ジューシーな味わいが楽しめるグミです。

うまくて生姜ねぇ!

うまくて生姜ねぇ!

そのまま食べても、万能調味料としても、幅広く美味しい。国産生姜を特製醤油に漬け込んだ食卓の名脇役。
「料理王国100選2015」認定商品。

ふくしまの水

「ふくしまの水」

福島市の水道水をボトリングした、ペットボトル水。世界的に権威のある品質評価コンテストモンドセレクション」において、2015から7年連続で金賞以上を受賞。
ITI (国際味覚審査機構)の「優秀味覚賞」も受賞するおいしい水です。

※画像はすべてイメージです。

申込内容
変更はこちら